HOME » 事務所概要 » 所長挨拶

所長挨拶

所長挨拶

2003年に知的財産基本法が施行され、知的財産推進計画が着々と推進実行されています。
知的財産推進計画では、知的財産の創造、保護、活用という知的創造サイクルの各フェーズでの推進実行が提唱されています。
真田特許事務所は、このような知的創造サイクルの各フェーズでの タイムリー且つハイクオリティなサービスを提供します。

(1)知的財産の創造に関しては、企業における質の高い知財創造の推進や、大学における知財創造の推進を支援し、
(2)知的財産の保護に関しては、企業等の知財戦略にあった国際的に通用する権利の取得を支援し、
(3)知的財産の活用に関しては、企業の知財戦略にあった権利の運用支援、技術標準特許の評価支援、ブランド保護支援、知的経営の推進を支援します。

これらの支援は、高い技術理解力、絶え間ないスキルアップ、高いコミュニケーション能力、きめ細かいサポート体制をクライアントの立場に立って行うことにより実現されるものであり、真田特許事務所はこれを実行するために日々努力してまいります。

所長弁理士 真田 有

所長弁理士 真田 有
東北大学客員教授
Approved Evaluator of IPEC for 3G Patents Evaluation
早稲田大学大学院理工学研究科
(電気工学専攻)修士課程修了

日本弁理士会 副会長(平成20年度)
日本弁理士会 研修所所長(平成23年度〜平成26年度)

  • このページの先頭へ

知的創造サイクル

「知的創造サイクル」とは、

(1)研究開発により発明を創造し 『創造ステージ』
(2)その発明について特許権を取得し 『保護ステージ』
(3)その特許権を活用した事業により収益を得て 『活用ステージ』
(4)この収益を用いて新たな研究開発を行う 『創造ステージ』

という一連のサイクルを言います。

知的創造サイクル イメージ図
  • このページの先頭へ
創造ステージでの業務

発明を見極めるお手伝いをします。
具体的な業務の一例としては、新たな自動車(新製品)が開発された際、その新製品の中に用いられている多種多様の技術から、発明を抽出するためのアドバイス業務などがあります。

保護ステージでの業務

産業財産権を取得するためのお手伝いをします。
具体的な業務の一例としては、特許出願,実用新案出願,意匠登録出願および商標登録出願に必要な法的書類の作成を行ないます。
例えば、特許出願については、発明者との直接的な打ち合わせを積極的に行なうことで、発明の本質に迫り、『創造ステージ』からシームレスに特許権の取得をサポートいたします。
また、商標登録出願については、依頼者との綿密な調整により、保護が求められる業務分野で適切な商標権を取得できるようにサポートいたします。

活用ステージでの業務

産業財産権(特許権,実用新案権,意匠権,商標権)を積極的に活用するためのお手伝いをします。
具体的な業務の一例としては、すでに取得した産業財産権(例えば特許権)の権利効力をアドバイスする「鑑定業務」などがあります。

  • このページの先頭へ