HOME » 部門紹介 » 業務説明(技術)

業務説明(技術)

技術

業務の一例(特許出願の場合)

業務の説明

ここでは、出願業務を例にとって、技術セクションの業務を説明します。
まず、技術セクションのスタッフは、弁理士の補助者として、企業の発明者や知的財産部の方々と、ヒアリングを行ないます。ここでのヒアリングとは、発明の本質をつかむための打ち合わせをいいます。

また、場合によっては、企業の開発部門において、発明の芽を掘り起こす作業(いわゆる「発明の発掘」)に協力することもあります。

そして、発明の本質を理解した上で、弁理士による「特許明細書」の作成の補助を行ないます。この際、発明者や知的財産部の方々と必要に応じてコミュニケーションを図ることが求められます。
その後、特許明細書が完成すると、国内または外国事務セクションの協力を得て、日本、或いは、外国の特許庁へ所定の出願の手続がなされるわけです。

このように、「技術」スタッフには、“技術的な知識”や“文章作成能力”に加え、発明者や知的財産部、さらには、事務所内の弁理士や他のセクションのスタッフとの連携を円滑に進めるための“コミュニケーション能力”が求められます。

もっとも、当事務所において、未経験で「技術」セクションに入った人間がほとんどですので、現時点において知識量が少なくても、自ら学んでいく姿勢があれば、活躍するチャンスは充分にあります。

また、国内における出願・中間業務や、外国における出願・中間業務、場合によっては翻訳といった種々の業務に携わることが可能であり、広い知識を得ることができる点も魅力です。

[ 技術セクションで働く先輩所員の声はこちら。 ]

  • このページの先頭へ