HOME » 部門紹介 » 業務説明(外国事務)

業務説明(外国事務)

外国事務

業務の一例(国内の特許出願に基づいて外国に特許出願する場合)

業務の説明

「外国事務」セクションのスタッフは、企業の担当者や、技術セクションのスタッフとの連携に加え、外国の特許事務所と連携して業務を進めることとなります。

また、世界各国で法律が異なるため、それぞれの国における法律的な知識も必要となります。さらに、日本語で書かれた特許明細書を外国語(主に、英語)に翻訳する翻訳者とも良好な関係を築く必要があります。

このように、「外国事務」セクションのスタッフには、“各国における法律的な知識”や、“コミュニケーション能力”が求められます。また、当然に、外国代理人と業務を進めるにあたり英語でのコミュニケーション能力が必要で、特に、読み書きする能力が求められます。

もっとも、未経験で「外国事務」セクションに入ったスタッフでも、徐々にその知識を身につけた人もたくさんいますので、“自ら学習しようとする意欲”が、知識よりも重要であるといえます。

また、近年、IT技術の発達により、郵送ではなく、ネットワークを通じた電子的なやりとりが主流となっております。このため、ある程度、コンピュータのオペレーションについての知識も求められています。

[ 外国事務セクションで働く先輩所員の声はこちら。 ]

  • このページの先頭へ